零式戦闘機 エンジン 飛行神社 八幡 石清水八幡宮
零式戦闘機のエンジン
昭和58年に大阪湾で引き揚げられた。

飛行神社とは

文字通り航空の神社です。航空安全・旅行安全など祈願出来る。1915年に日本で最初の動力飛行機を飛ばした二宮忠八翁により自邸内に創建されました。祭神は盤船神社の饒速日命(にぎはやひのみこと)で昔から空の神様と言われているようです。航空殉難者並びに先覚者をお祀りした祖霊社があります。

旅行の前にお参りを

航空安全の神様は古代から続く日本の神社では珍しいものです。飛行機の旅行前に旅行安全の祈願にくるのも良いと思います。航空安全守もあり自分用はもちろんご家族や友人に渡してあげると喜ばれると思います。

道案内

飛行神社 京阪電車 八幡駅
京阪八幡駅改札を出て➡の方向へ歩く。
飛行神社 八幡駅ロータリー 
交差点を渡り➡の方向へ歩く。
飛行神社 
交差点を渡ってすぐの橋を渡る。
飛行神社 八幡宮
道なりに歩くとT字路になる。T字路を右へ曲がる。
飛行神社 
飛行神社の前

京阪八幡駅から徒歩5分程度で着きます。神社らしくないため、気に止めていないと見過ごしてしまいます。私が初めて訪れたときは宅配のトラックが神社前に停まっていたため看板が目に入らず随分と探しました。

飛行神社には二宮忠八資料館があります。

平成元年に資料館が建てられ個人や団体から寄贈された品々が展示されています。
会館時間は9時~4時まで。入館料は300円です。

拝観自由
資料館の入館料300円学生は200円

交通 京阪電車 八幡市駅下車 徒歩5分程度

住所 京都府八幡市八幡土井44
📞 075-982-2329